おちこぼれ履歴書その1~いじめ編~

 

子供のころ、私は少しだけエリートでした。

小学校に入る前から読み書きや簡単な漢字が書け、ピアノもエリートコースでした。

もしかしたら、ここが天才的頭脳とビジュアルのピークだったかもしれません。

中学校付属の小学校受験に落ちたのが最初の挫折ですが、そんなにショックな記憶がないです。

どちらにせよ引っ越しが決まってたので、逆に合格しないでラッキーだったかも。

父が転勤族だったので大阪、金沢、大阪、東京と引っ越しを繰り返しました。

親しい友人も、そんなにいなかったので転校が悲しい寂しいって記憶も、あまりないです。

 

ただ大阪→東京へ転校の時は流石に関西弁がバカにされて、初めてイジメの対象になりました。

理由は忘れたけど、スクールカースト上位の女の子の逆鱗に触れてクラスの男女全員から無視、ばい菌扱い。

その時は辛かったけど、今思えば無理して学校へ行かないで登校拒否すれば良かった。

お母さんが頑張って行けって言うから行ったけど、すごい時間と労力の無駄だった。

確かに忍耐力は養われたかもしれないけど、わざわざいじめられに学校へ行くって何。

いじめられた記憶は、鮮明には残ってないです。

ただ、仲間外れにされたことによる劣等感や自己否定感は強くなりました。

恐ろしいことに、これは大人になっても根強く残ったままでした。

 

中学校も小学校からメンバーは変わらない人が多かったので、そのイジメは中二まで続いてしまったわけですが。

中三で、やっとイジメの主格メンバーと離れたので、その1年だけはとても楽しく過ごすことが出来たのでした。

 

なんて喜んでいたのもつかの間。

高校は花嫁修業のつもりで、家政科の学校を選びました。

しかしながら、本来は家政科って家庭的な事が得意な子が行く学校。

裁縫も料理も未経験で花嫁修業だなんて、頭がお花畑すぎました。

もうスタートの時点で先生には目をつけられ、3年間は劣等生として生きました。

結局、縫物も調理も上手くならず、嫁入り前の修業は大失敗!!

クラスメートからのイジメはなくとも、担任の先生からいじめられました。

お情けで高校卒業できたけど、自分的には中卒みたいな気持ちです。

 

この他にもピアノの先生にいじめられたり、小学校の担任の先生にもいじめられました。

ちなみに今は亡き実の兄にもいじめられていたので、何かもう、いじめられ人生ですね。

バイト先でもいじめられるし、いじめられっ子気質なのかもしれません。

 

誰からもいじめられなくなった今、自己分析してみると。

恐らく生意気で、反抗的だったんでしょうね。

あと何故か、いじめっ子と縁がある星のもとに生まれてしまったのかも。

これは、仲良しの占い師さんにも言われたことです。

ただ、対処法はわかりました。

自分が強くなるしかないんです。

学生時代は、そんな簡単なこともわからないぐらい落ち込んでいたけれど。

今になって思えば、ほぼほぼ忘れてしまうぐらい、なんてことないことだった。

いじめをする人って、本当はすごく弱い人間だと思うんですよね。

一見、強く見えるけど、それは単なる強がりで心が弱い。

だから自分より弱そうな人間をみつけては、執拗にイジメを繰り返す。

 

いじめられ続けて、思ったことは。

私は、人をイジメない。人に優しくなろう。そう、決めました。

 

いじめられていた私の心の救いは音楽と漫画とアニメとゲーム(ドラクエ)でした。

幸い、おたく友達の文通相手がいたので、その存在にも凄く救われました。

その子たちと接するときは、いじめられっ子のクロとも。ではなく。

ただの、普通のクロとも。でいられたからです。

いじめられてる時って、世界や視野が物凄く狭くなるんですよね。

確かDVとか暴力を受けると、脳が萎縮するって話です。

調べてみたらストレスによるみたいなので、いじめも一緒ですよね。

 

そして、イジメられたことによって出来た曲が、1曲だけあります。

「洗脳ごっこ~僕らは奴隷ぢゃないんだぜ~」って曲なんですけど。

まだ曲のアップの仕方がわからないので、勉強してから音源をあげていきますね!

自分の曲じゃ珍しい、アップテンポのピアノロックになっております。

自分の過去を振り返るのって、意外にしんどいですね。

でも、そこを乗り越えたことを再確認できたので、書けて良かったです!

次は、~専門学校でコンプレックス大爆発編~に続きます。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

↑気に入ったら、ポチッと押してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です