今も腹立つクソ客~無言レイプの糞ジジイ~

 

私は記憶力が悪いので、風俗嬢時代のクソ客の記憶は9割ほど消えている。

しかし、そんな私でも記憶にこびりつくほどムカついたクソ客が、一人だけいる。

 

秋葉原の箱ヘルで昼間に働いていた時、寡黙な爺さん客にあたった。

あまり喋らない人なのかな?と思い、シャワー室へ連れってって洗ってから部屋へ戻る。

 

すると、いきなり爺さん客は無言レイプのクソジジイ客へと豹変した。

私は、あまりの急変ぶりに恐れおののいた。

やられてたまるか!と私は必死で抵抗を試みたのだが。

じじいのクセに、ものすごく力が強かった。昔は軍隊か何かだったのか!?

 

人間は、極度の恐怖を感じると記憶が抜け落ちるらしい。

 

現に私は、この後に犯されたのか抵抗できたのか正確な記憶が無い。

悔しい気持ちが残っているので、認めたくはないが生中出しをされてしまったのかもしれない。

唯一の救いは、ピルを飲んでいたから妊娠しなかったことだろうか。

 

私は、この糞ジジイ実は日本人ではなかったのではないか?と、今になって思う。

だって、不自然なぐらい一言も喋らなかったもの。

たぶん、正体がバレないよう意図的に話さなかったんだと思う。

無言のレイプは、本当に怖い。

しかも力が強すぎて、まるで抵抗できない。声すら出せなかった。

 

レイプ被害者は、なぜ抵抗しなかった、逃げなかったのかとセカンドレイプをしばしば受けるが。

あまりに無力さ、歴然とした力の差を痛感させられると、何もできなくなっちゃうんだよ。

試しに同じ経験をしてみろよって、心ない意見を見ると思っちゃう。

 

あのレイプ魔くそじじいが、今はこの世にいないことを祈るばかり。

もう15年近く前の話です。

この記憶は最近まで抜け落ちていて、おちこぼれ風俗履歴書にも書き忘れていた。

何で思い出したのかは忘れたのだが、今まで記憶の奥底に沈めて封印していたのだと思う。

 

今は落ち着いて、この場で語れるようにはなったが。

この話は旦那様にも、親友にも、戦友にも話していなかったし、今後もしないと思う。

文章だから、パソコンからだから客観的に発言できるのであって。

実際に口に出して話すのとは、訳が違う。

風俗の仕事をした中で、あの出来事が一番ショックで、私の尊厳と人格を踏みにじられた。

よりによって、どこの馬の骨とも知れない赤の他人に。

もう二度と会わないであろう、レイプ犯のクソ客爺に。

 

この世からレイパーは絶滅してほしいとすら思う。

性犯罪全般は、極刑でいいよね?

私は日本って国は好きだけど、犯罪に甘い国だと思うと悲しくなる。

平成から令和に変わって、もっと良くなっていくといいなと思う。

 

お店にも誰にも言わず、自分の中にだけ閉じ込めてしまったことを今は後悔している。

心の傷は、信頼できる人にだけなら明かしていいのかなと思った。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ にほんブログ村

↑気に入ったら、ポチッと押してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です