酒が苦手すぎる理由

 

私は酒が苦手すぎて、まず体質が受け付けないのだけど、もっと根深い理由がある。

 

例外はデトックスのための酒風呂、お菓子や料理に使う分にはセーフ。

もっと言えば酒よりも酒癖の悪い人間が男女問わず、ものすごく苦手だ。

 

なぜ、ここまで嫌いになってしまったのか。

それは私が無理やり酔わされて、持ち帰られたことが何度かあるからだ。

酒に酔わせて持ち帰るって正攻法じゃないから、セックス下手な人が多いと思う。

一番ムカついた勘違いが。

無理やり酔わされてるので濡れるはずもなく、痛い痛いと繰り返したら。

 

「いっちゃう!?僕もいっちゃうよ!」

 

とか勝手に聞き間違いの勘違いしてイッってしまったバカ男。この泥酔っぷりには呆れた。

まぁ無理やり酔わされてしまった私もバカなんだが。

 

その持ち帰り事件以来、男と二人きりになる時は極力お酒を飲まないようにした。

自分の周りも、飲めない人ばかりが増えたし、旦那さんに至っては酒もタバコもやらない。

まぁ女は、少しだけやるみたいですけど(苦笑)

 

音楽活動をしてた時、ミュージシャンの酒とタバコ率の多さに辟易した。

だから私は数少ない健康派シンガーソングライターとして頑張っていきたい。

 

平成の時代って、飲酒トラブルも多かったように思う。

それを見るたび、旦那さんとノンアル夫婦で良かったなぁとしみじみ思った。

記憶なくすまで飲むとか、愚の骨頂としか思えない。

 

そう言えば、どこかで出会った女性に。

 

「お酒飲めないなんて、かわいそう」

 

と言われたことがあったんだけど。

 

私は自分が酒を飲めなくてかわいそうと思ったことは、一度もない。

何故なら酒のトラブルがないし、アル中になる心配もないし、酒代もかからずに済む。

何をもって、彼女はかわいそうと思ったんだろう?

私は飲み会とか苦手だし、ホストクラブも興味ないし、憐みの要素は一つもない。

まぁ、お酒大好きな私は幸せ、飲めない人は不幸!みたいな価値観の持ち主だったのかな?

別に全然、不幸じゃないんだけど。むしろ飲めなくてラッキーなんだけど?

 

ちなみに家族で飲めないのは私だけだった。

父も母も兄も、お酒が大好き。父方の母、つまりおばあちゃんが飲めなかったみたい。

お婆ちゃんの隔世遺伝からは、ノンアルと色白ともち肌もいただけて風俗嬢的には美味しい!

現役時代、お客様に肌は喜ばれましたね、本当。ありがたいことです。

 

私が酒とタバコを嗜まない人が好きなのには、他にも訳がある。

それは自分と一緒な事、もう一つは、それらに頼らない意志と強さを持ち合わせていること。

 

好みなんで、人それぞれですけど。今後もノンアル、ノースモーキンで生きていきます!

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ にほんブログ村

↑気に入ったら、ポチッと押してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です