本当の友達って、何だ?

 

本当の友達って、何だろう。

親友、真友、心友。いろんな言葉があるけれど。

 

過去最大に仲が良かった親友Yちゃんを自分のミスで失ってから、私には親友と呼べる存在がいないように思う。

自分のミスと言うか、当時ルームシェアしてたサイコパス女に洗脳されてケンカ別れしてしまったんだけど。

でも、お互いに信頼関係を築けていたなら、仲直りできたと思うのね。

それがダメだったって事は、親友だと思っていたのは私だけで、向こうにとってはどうでも良かったのだ。

私は片思いって関係性が好きだが、この現実を叩きつけられた時は絶望した。

サイコパス女と縁が切れたのは喜ばしかったが、同時に親友も失うとは夢にも思わなかったから。

 

何度も夢に出てくるくらい、元親友Yちゃんのことは本当に大好きだったんだけど。

今は旦那さんの立場が、旦那兼、彼氏兼、家族兼、親友?悪友?って感じなので。

どうにかこうにか、寂しさを感じる度合いは格段に減った。

夢を見る頻度も、驚くぐらいに減少した。

親友がいなくても、何とか楽しく人生は送れるものなのかもしれない。

 

友達って、大切なものかもしれない。

だけど、いなきゃいないで何とかなるものでもあるとも言える。

私は元親友Yちゃんを失った時、どうしようもない焦燥感にかられた。

もう二度と、こんなに本音をさらけだせる人なんて生涯現れないだろうと思った。

だけど、何年かしてから旦那さんに出会えた。

 

旦那さんには、私の全てを話してる訳ではない。

8割がたは話しているけれど、このブログに書いてることは話してないことも含まれる。

そして元親友Yちゃんにだって話せないことも沢山あった。

 

全て本音をさらけ出すことが、必ずしも良い事とは限らない。

 

お互いに無理しない、楽に付き合えるのが一番いいと思う。

 

私がYちゃんに言われて嬉しかった言葉。

 

「クロとも。ちゃんといると、気持ちいい」

 

これは別に、私が性的な事をしたと言う訳ではなく。

存在が、居心地がいいといった意味合いで言ってくれたんだと思う。

この言葉は、どんな誉め言葉よりも口説き文句よりも嬉しいものだった。

結局は過去形になってしまったけど、それでも女々しく大事にしている。

 

共通の友達、Wさんに言われた言葉も嬉しかった。

 

「一人で悩まず、何でも相談してください。私は、あなたの仲間なんですから」

 

WさんはYちゃん大好きで、私の事なんてどうでもいいと思ったから、メールで言われた言葉だけど涙が出そうになるくらい、このメッセージは本当に嬉しかった。

 

私のことを、ちゃんと仲間と思ってくれている事が意外過ぎて、それが凄く染みたんだと思う。

 

今の私には共に戦ってきた、そして別フィールドで戦う戦友と、友達が何人かいる。

この人たちが、いずれ親友になるのか、それとも関係性は変わらないのか、はたまた喧嘩別れしてしまうのか。

 

この先、きっと新しい出会いがあるだろう。

だけど、もう完ぺきな友情は求めないことにした。

だって私は完ぺきな人間じゃないし、そもそも完ぺきな人間なんていないから。

足りない部分は補い合って、たまには本音をぶつけあう。

信頼関係さえ築ければ、ちょっとケンカしたぐらいでは仲が壊れないと思う。

けんかして、仲直りできるのが本物の友達だと思う。

 

いつか、元親友以上に好きになれる友達が現れる。

私は、そう信じて生きている。

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ にほんブログ村

↑気に入ったら、ポチッと押してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です