孤独に強い人間と弱い人間

 

この世の中は、孤独に強い人間と弱い人間に分けられると思う。

私はと言えば、弱い人間に分類されると思う。

 

私の旦那さんは孤独に強いタイプなのだが、それは彼がきょうだい児である背景があったと思う。

きょうだい児といった単語は最近知ったのだが、兄弟や姉妹が障がいを持っている人のことを指すらしい。

旦那さんの弟さんが、ある障がいを持って生まれた為、彼の母親は弟につきっきりだったみたいだ。

お父さんは職人気質だったため、彼の世話は主におじいさんとおばあさんが担当していたらしい。

だから環境の影響で、強くならざるを得なかったんだと思う。

 

とても強い人だなと思っていたけど、一人で外食とかしたくないあたり、少しだけ寂しん坊な面もあったりする。私は逆に、一人で外食なんかは平気だったりするんだけど。

 

私が自分で寂しがりと思うのは、毎日ネット依存の気があるなと自覚している所だ。

Twitterやアメブロやネットの掲示板を見ては、誰かと繋がった気に勝手になっている。

一方通行で、繋がれているだなんて幻想にすぎないのに。

誰一人として意思疎通しているわけではないのに、向こう側だってはた迷惑だろう。

なので、できるだけ自分からは絡むことはしないようにしている。

自分は面倒くさい人間だってわかってるし、そこでトラブルになってしまったら目も当てられない。

 

だけど、今朝ふと思ったのだ。

私、ソロ活動むいてねぇなって。

 

おちこぼれ履歴書で書くのをスッカリ忘れていたのだが、元大親友YちゃんとWちゃんで、とあるジャンルで同人活動をしていた。

YちゃんとWちゃんが漫画担当で、私が小説とネタ担当。

この活動は私の人生で1,2を争うくらい面白く楽しいものだった。

音楽活動は、ずっと一人でやってきたけど、そろそろここらでユニットやバンドをやってみたいものだ。

とは言え、よっぽど相性が合う人じゃないとコンビやグループ組めないだろうなとも思ってる。

期間限定にするのも、アリかな?お試しで、組んでみるとか。

誰が好き好んで元風俗嬢の人妻とタッグ組むのよって感じなんだけど。

 

こうして自分の中で一人で夢を見たり、色々と妄想したりするのは楽しい。

とは言え、私は一人では生きていけない弱い人間だから、ソロ活動とか孤軍奮闘している人間は、老若男女問わず物凄くカッコイイし尊敬する。自信もって、自分を誇っていいと思う。

 

こんなろくでもないクズな私でも、いつかまた仲間がみつかるのかしら?

最近ユニコーンが自分の中でマイブームで、メイキングやPVで仲良さそうに楽しそうに、最高の笑顔で活動していると、心底うらやましくなってしまう。

待ってるだけじゃダメかな。自分からも、動き出さないと!

 

私の果てない夢物語は死ぬまで続くので、物好きな人は生暖かい目で見守ってほしいと思う。

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です