初カレそっくりイケメン美容師の正体

 

吉原ソープ嬢時代だった気がするのだが、不思議なお客さんに出逢った。

風俗嬢あるあるだと思うのだが、元カレに似たお客さんについた事は無いだろうか?

 

初めて見たとき、激しく動揺した。一番最初に付き合った初カレにソックリだったから。

まさか本人!?と焦りまくったのだけど、よくよく見たら初彼はキスマイの藤ヶ谷太輔くんに似てるのに対して、そのお客様は小栗旬さん寄りだった。

生き別れの双子とか兄弟じゃなくて、本当に良かった!

元カレを更にイケメンにしたような感じで、まさに上位互換!!

 

プレイは普通だけど、すごく居心地が良かった思い出がある。

元彼とは嫌な記憶しかないから、上書きできたようで余計に夢見心地だったのかもしれない。

聞けば彼は美容師だという。名前を忘れてしまったので、仮に小栗くんと名付けよう。

 

小栗くんに、美容室が休みの時に髪の手入れをしてあげる。君の髪は、もっと綺麗になるはずだからと誘われた。

ここで警戒心の強い人だったら即お断りするんだろうけど、元カレの上位互換で小栗旬くんよりイケメンな美容師さんがタダでヘアケアしてくれるってよ!ラッキーと思った短絡的でオバカな私はホイホイと誘いに乗ってしまった。尻軽アホ女の典型ですよね。

 

場所すら覚えてないんだけど、都内のどこか?肉盛りつけ麺 六代目 けいすけに行って一緒に食べた記憶があるから、 湯島だったかもしれない。しかもラーメンは私が誘ったんだけど、デート向きじゃないよねラーメンって。しかも肉盛りつけ麺って。おいしかったけど!

 

腹ごしらえが終わってから、小栗くんが店長を務める美容室へ一緒に向かった。

本当に休みで、店内には二人きり。

おぉっとー!誰もいない美容院で身動き取れず、エロい事をされちまうのかい!?と期待と不安が入り混じったのもつかの間。

小栗くんは、いたって真剣にシャンプー、トリートメント、ヘアカットを丁寧に行ってくれた。

もともと、そんなに痛んでいないと思っていた私の髪だったけど、プロの手によって潤いとツヤが蘇って自分で言うのもなんだけど、見違えるほどの輝きを放った美しい黒髪になりました!

小栗くんは得意げに微笑んで、私は有り余る感動を興奮気味に彼に伝えた。

 

なぜ、そこからラブホに行ったのかわからないのだけど、私が髪を綺麗にしてくれたお礼にって誘ったような気もする。

ただ、小栗くん自身は別にそこまで乗り気だったわけじゃなく、セックスしたけど明らかに私の方が舞い上がって盛り上がっていた。あぁ、恥ずかしい若気の至り・・・。

 

ただ、この時期はサイコパス女に洗脳されていた時期で、彼女は虚言癖がひどく当時の超人気アイドルAと付き合っていて、そのせいで闇の組織に命を狙われているとか中二病もビックリの壮大なる妄想ワールドを繰り返し私と奴隷仲間に言い聞かせていた。

私も奴隷仲間も単純で素直で人を信じて疑わない子たちだったから、簡単に騙されてしまった。

小栗くんのことをサイコパス女に伝えたら、闇の組織が元カレに似た男を探して私をハニートラップにかけたのだと。

 

今、思えば笑っちゃうぐらいトンデモ理論だよな。まんまと鵜呑みにした私もバカだけど。

 

もったいないけど、小栗くんとは適当な理由をつけてお別れしてしまった気がする。

ただ、改めて感じたのは彼はタダマン目当てで私を誘ったのではなく、単純に髪フェチで世の女性の髪を美髪にする使命を抱えた純粋なる美容師だと思ったのだけど、違うかな?

 

世間では3Bの仕事の男に気をつけろと言うけれど。

バンドマン、バーテンダー、そして美容師。(バーバー)

そうは言っても、本気で好きになっちゃったら仕方ないよね?

サイコパス女がいなければ、普通に小栗くんが好きになって 美容院にも通っていたかも!

 

結婚して安定した今でも、ふと思い出す二人きりの官能的な空間は、今でも忘れることができないでいる。

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

↑気に入ったら、ポチッと押してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です