クリスマス前には破局が多かった私

 

この時期にクリスマスの話は早いのかもしれないけど、何故か思い出したので綴ってみる。

私は結婚前まで、すぐ簡単に人を嫌いになることが出来る人間だったので恋人とクリスマスを過ごした記憶が、旦那さん以外ほぼ皆無である。

 

不倫隠し既婚野郎がホテルのスイートルームを取ってくれた記憶があるんだけど、バルコニーでのアオカンがやりたかったらしく、相手だけが興奮して気持ちよさそうで、私は寒いだけで早くイッて終わってくれと懸命に喘いで腰をふったが今、思い出しても全くもって嫌な記憶でしかない。無理してイカせないで、寒いからもう嫌だって中断してやればよかった。

覚えていても仕方ない黒歴史なので、いっそ消去してしまいたい。

むしろ旦那さま以外の男性遍歴は全て記憶から消えてもいいと思っている。

 

クリスマスは、大体家族と過ごしていた。

生前は家族と、亡くなってからはサイコパス女とだった。

旦那さんと出会ってからは、ずっと一緒に過ごせている。

あとはグルメ友達と食事したり。

 

夫と出会う前は、クリスマスは好きではなかった。

浮かれポンチな街並みと明るいBGMが、非リア充な自分を嘲笑っているようでなじめなかった。

今、改めて思い返すとネガティブで卑屈~!

まぁ、好きになれないもんは好きになれなかったんだから、そこはしょうがないよね。

だから、クリスマスの失恋ソング、例えばいつかのメリークリスマスや、クリスマス・イブを聴いては切ない気持ちになっていた。

 

けれども、別に何が何でも彼氏が欲しかったわけでは無かったんだよね。

だから周りに紹介してなんて一回も頼まなかったし、合コンも嫌いだし、出会い系サイトも一度も利用したことない。

出会い系は犯罪に巻き込まれるイメージが強すぎて、良い出会いもあるんだろうけど自分が利用してみたいとは微塵も思えなかった。

 

ひとりぼっちのクリスマスは、幸いなことに経験したことがない気がするんだけど、恋人いなきゃいないで、それなりに楽しめるもんだ。

 

少なくとも変な男にとっつかまって、やりたくもない青姦プレイを強要されて寒くて気持ち良くもないセックスをするよりは100億倍もマシ!!あれ?意外と根に持ってるのか私?

 

クリスマスを出勤にしてたこともあったなぁ。

お客さんからクリスマスプレゼントやケーキを貰えるのは嬉しかった。

お客さんだった旦那からも、可愛い服を沢山もらえた記憶がある。

 

今年のクリスマスケーキ、まだ決めてないのにダンナは早速おいしそうな洋風おせちを予約した。

どうやら、お試しおせちとやらもあるらしいので楽しみで仕方ない!

クリスマスケーキも、気前よくお試しみたいなことやってくれればいいのになぁ?

 

明日から一泊二日で夫婦ラブラブ?東京旅行を楽しんできますネ♪

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

↑気に入ったら、ポチッと押してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です