ついに本音を言ってしまった!?

 

人に本音を伝えることの、何と難しいことか。

私はウッカリ気を抜くと、すぐに毒舌全開になってしまうのでオブラートに包むのが大変だった。

なるべく傷つけないようにと言葉を選んで配慮したつもりなのだが、それでも傷つけてしまったかもしれない。

 

思えば彼女とは、学生時代から互いを傷つけあってきた気がする。

 

私はサイコパス女が過去最大に相性が合わなくて天敵だとすら思っているけれど、例の彼女はサイコパス女とは違う意味で合わないのかもしれない。

小・中学校と一緒でクラスメートだったりもしたけど、時にはケンカしつつも仲良くやれていた。

 

だけど成長していくにつれ、彼女との間に歪みが生じるようになる。

 

価値観の違いだとか、お互いに頑固で譲り合わないだとか、あまり上手く関係を築けなかった気がする。

それを認め合って歩み寄れればいいんだけど、果たして彼女にそれが出来るんだろうか?

出来ないだろうな、と半ば諦めているから私も敢えて歩み寄らないんだと思う。

 

過去に似たようなパターンでダメになりそうだった友人が一人だけいたけど、私も彼女も世間の荒波や人に揉まれまくって成長して、ようやく相手の全てを受け止める覚悟と優しさが身について、今では大切な仲良しの一人だ。

 

このケースは本当に極まれで、他の友人たちとは、ことごとくダメになってきた。

私が先に嫌いになるか、それか嫌われるかの、どちらかだった。

 

私が今、仲良くしてる友人はビックリするほど数が少ない。

両手で事足りるし、そして別に慌てて増やしたいとも思っていない。

元々が社交的なタイプじゃないし、私のキャパシティが大勢を相手にできないのだ。

でも、最近は良縁に恵まれて友人関係で悩むことは無くなっていた。そう、最近までは。

 

自分と真逆のタイプの人間とは、相手に惚れこんでないと欠点まで愛せないのだなと当たり前のことを改めて悟った。

 

学生時代は、彼女のことが大好きだった。

だけどそれは、私が世間知らずで狭い世界にいたから。

 

今の私は、きっと彼女の理想を叶えられそうにない。

様々な事を経験して、沢山の人と出会って私は学生時代の頃とは別人になってしまった。

もう、あの頃の優しいだけの私とは違うのだ。

 

きっと彼女を失望させてしまった。

それでも、仕方ないことだと思う。

変わらない人間なんて、いないのだから。

 

私は冷たい人間になってしまったのかも。

けれど優しいだけじゃ傷だらけになってしまうから、きっとこれでいいのだ。

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

↑気に入ったら、ポチッと押してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です