人の優しさに触れた東京旅行(前編)

今回の東京旅行は逢う人数こそ少なかったものの、様々な優しさに触れることが出来た。

よく会う人、久々の再会であった人、沢山の真心をいただいた。

 

初日は、親子で経営している浅草で一番お気に入りの小さいカフェでモーニング。

コスパが抜群に良い上に、母娘さんの接客がホッコリあったかい気持ちになれる良店。

ランチで今半のしゃぶしゃぶを食べる予定だったので、お腹を空かせようとモーニングのぶどうパントーストは、お持ち帰りすることに。

 

吉原で遊んできた旦那さんを待って浅草今半へ行くと、おびただしい数の行列!

漢字で書くと、夥しいって書くらしい。難読漢字だね!

心が折れた夫婦は浅草を練り歩き、旦那様情報で浅草ドンキや、まるごとにっぽん近くのローソン二階に、とんこつラーメンで有名な一蘭がニューオープンしたことを知る。

私は妊娠してから一蘭とんこつラーメンを食べていなかったので、二人で行くことに。

 

店に着いて、嫌な予感がした。

 

店員が外国人だらけで、日本人がほぼほぼいなかったからだ。

差別している訳ではなく、どうかマニュアル通りに作ってくださいと微かな希望を持って席に着いた。

 

その希望は、嫌な予感は的中とばかりに見事に打ち砕かれた。

一番、許せなかったのは麺の硬さを超かたで選んだのに、普通の硬さだったのだ。これにはガッカリ!!

ちなみに旦那ちゃんも硬めを選んだにも関わらず、硬くなかったらしい。何故だ!?

ちなみに味も普通で、安定の美味しさだった上野店と渋谷店の足元にも及ばない。

当然リピートは無いし、しばらく豚骨ラーメンはコリゴリだと思った。

 

そんな意気消沈の中、ホテルでチェックインして少し休んでから埼玉某所へ向かい戦友ちゃんと再会。

お気に入りのレストランのご厚意で、妊婦だからと初めて送迎して下さった。あざ~っす!!

ところが予約でいっぱいでレストランは満席。いつも温厚で紳士的なマスターのピリピリした所なんて初めて見たからビックリした。仏だと思っていたけど、マスターも人の子なんだと改めて思った。

それでも、何とかお手伝いさんの協力を得て沢山の御馳走が運ばれ、私と戦友さんは舌鼓をポンポン打ちまくり!何度おいしい、うまいを繰り返したかわからないくらい、人生で一番グルメを堪能できた日だったと思う。

価格も良心的で、お土産もいただいてしまって有難かった。

しかも、帰りまで送りつきで至れり尽くせり。まさに紳士か、はたまた執事か!?

 

ホテルに戻ってバタンキューした翌日は、ハードな一日であった。

遅く起きた朝は早朝に風呂遊びしたダンナの帰りを待ってから、二人で手相とホロスコープ占いを楽しんだ。

私だけでなく、だんなちゃんの占いも当たりまくりで、その精度にビビった。

その後にヘルシーなランチをいただいてから元同僚の売れっ子風俗嬢Kさんに会いに行く。

ダンナさんはホテルで一休みなので、私は彼女を吉原公園で待っていた。

約6年ぶりに訪れた吉原ソープ街は店が減っていて、新しい店やコンビニも幾つかあった。

雨で寒い中、ようやく彼女と再会できた。

久しぶりに会った彼女は7キロも痩せていて驚いた。

二人で2軒の喫茶店をハシゴして、スイーツとドリンクを美味しくいただいた。

後に写メ日記のネタにしてくれて嬉し恥ずかし、ベビー服は楽しみに待ってますね!(私信)

 

長くなりそうなので、続きは明日に。優しい人が周りに多くて幸せな日々でした!

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

↑気に入ったら、ポチッと押してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です