2019年は最高の年になった!

2019年は、個人的に全ての苦しみと悲しみが報われた年となった。

なぜなら、半年の妊活と1年間の不妊治療を経て、ようやく妊娠して安定期を迎えられたからだ。

もう何度、心が折れかけたかわからない。

数えきれないほどの喜怒哀楽を今年だけで味わいすぎた気さえしてくる。

いっぱい泣いて、病んで、闇落ちして、それでも最後には笑うことが出来た。

あらかじめ風俗嬢時代に体力とメンタルを鍛えておいて本当に良かったと思う。

そもそも風俗の仕事をしていなければ、旦那様に出逢えてすらいないしね。

基本的に私は忘れっぽいポジティブ寄りの人間なので、風俗の思い出は嫌な事より楽しかったことの方が覚えている。

そして今が幸せなので、今までブログに書き綴ってきた不幸ネタや愚痴などはアップして時間がたつと他人事みたいに思える。

 

時間が解決してくれるとは良く言ったもので、今の私は当時の私と全くの別人だからだ。

 

確かに同一人物ではあるのだけど、別人格と言った方が正しいだろうか?

旦那様と出逢えてから、本気で愛してから私は生まれ変わることが出来た。

それまでの私は救いようのないドクズ人間だったし(今も、たまにクズい時ありますけども)、自分さえ良ければいいといった最低で最悪の自己中なヤツだったから。

だから、同じような人間を寄せ付けてしまったし(特にサイコパス女)、そんな女が風俗の仕事で売れる訳がない。

 

だんなちゃんはアゲチン男でマジカルチンポの持ち主なので、自分の世界や価値観が一変した。

 

最後の池袋ソープでは連日予約完売の有り得ない人気嬢になることが出来たし、人間的にも成長することができたし、何より誰も愛せなかった私に人を愛することを教えてくれた。

もしも夫に出逢わなければ、誰とも付き合わず結婚もせず子供も産まず、一人寂しくのたれ死んでいたかもしれない。それこそ、無縁仏で。何たるバッドエンドだろう。

そう考えると人との縁って不思議なもので、今年はダンナとの絆だけではなく13年ぶりにFacebookで繋がれた友達や、戦友やグルメ友達さんとの仲も深まった気がする。

 

妊娠したことによって、何が自分にとって大切か、いらないのか、好きな人と嫌いな人、得意なタイプや苦手なタイプがキッパリ・サッパリと判明したのが実に面白かった。

来年は出産が待っているから、さらにそれらが顕著になるのかもしれない。

 

今年は化学流産やメンタル・体調不良を乗り越えて更に強く逞しく成長できた気がする。

私に関わってくださった方々、この場を借りてお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

来年も宜しくお付き合いくださると、とっても嬉しいです!!

 

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です