病院へ行った後に、義弟の出社拒否

 

朝は早起きして、旦那さんと一緒に病院へ行ってきた。

だいぶ咳は治まってきたものの、まだ不安要素があったからね。

幸い、夫婦でインフルエンザでは無かったようなので一安心。これが一番の心配だった。

やはり市販の薬よりも、病院で診察してもらってから処方された薬の方が断然よく効く。

熱も平熱に戻り、明後日の妊娠32週目検診までには治ってくれそうな気配だ。

旦那ちゃんの具合も良い中、また事件が起こった。

 

義弟の、出社拒否。

 

去年の今頃も同じような事があったんだけど、去年よりマシなのは暴れたり大声を張り上げることがなくなった。

ただし、緊急事態には変わりないので、職場に体調不良で仕事を休む旨を伝えてからカウンセラーさんに連絡して急遽、夕方にカウンセリングの予約を入れた。

眠気が襲ってきたので、軽く仮眠をとってからカウンセリングの時間の30分前に起きた。

 

出社拒否の時はウンともスンとも言わず、ひたすら黙秘権を使い続けた義弟君だったのだけどカウンセラーさんが来てからは笑顔で饒舌に話してくれたみたいだから助かった。

家族よりも、カウンセラーさんの方に心を開いているのかもしれない。

さすが、話を聞くプロだ。明日は仕事に行ってくれるかもしれない。

 

ただ、過度な期待はしないでおこうと思っている。

最悪、明日も今日と同じようになる可能性もゼロでは無いからだ。

その時は、また別日にでもカウンセラーさんに相談しようと思う。

 

ある障がいを持った義弟さんだけど、もしかしたら会話の内容から察するに新たな精神疾患が加わっている可能性も否めない。

会話のつじつまが合わなくて、話の統合性が取れないので一度、心療内科で診てもらった方が良いのかもしれないと感じた。

最愛の母と愛犬を失った悲しみが、5年たった今になって出てきて精神のバランスを崩している事も有り得るかもしれない。

 

とは言え素人判断は危険なので、カウンセラーさんに聞いたり市役所に行ってみて情報収集をしてみよう。

できれば出産前の動ける時期に、この問題は片付けてしまいたい。

赤ちゃんが産まれてからでは、きっと育児でそれどころでは無くなってしまう。

それはカウンセラーさんにも次回、伝えておこうと思った。

 

とりあえず今は安静にして、風邪を治すことに集中しよう。

何をやろうにも動けないんじゃ、しょうがないからね。

 

七草がゆセットを買ったので、明日の朝ごはんに食べて元気を出すかな!

 

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

↑気に入ったら、ポチッと押してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です