百合の花園で寝る(勝手に欅坂46平手友梨奈様と卒業した長濱ねる様に捧ぐ)

この日記は、随分と前に保存していたもので、欅坂46を長濱ねるちゃんが卒業したタイミングか、平手友梨奈ちゃんの誕生日のタイミングでアップしようかと企んでいたんだけど、うっかりとチャンスを逃してしまっていた。(ツイッターでは、こっそり呟いていたけどね)

誰に頼まれた訳でもなく、二人をダブルセンターの設定で勝手に曲を作っていたからだ。

未来永劫、叶わない夢となってしまったが一曲ぐらいは二人のWセンターが見てみたかった。

しかしながら、まさかのまさかで不動のセンター平手友梨奈様が欅坂46を脱退。卒業ではなく、脱退。

この機会を逃したら一生、アップできない気がしたので便乗商法と思われることを承知の上で更新したいと思う。

 

平手友梨奈さんが切羽詰まって追い詰められていたのは、にわかファンの目から見ても明らかだった。

少なくとも私が大好きなモーニング娘。’20やハロプロのアイドルに、あんなにも鬼気迫ったセンターは誰一人としていない。見ていて気の毒にすら思えていた。

 

平手友梨奈さんは情緒不安定に見られがちだけど、インタビューでは普通に受け答えをして時折、笑顔も見せるし気を許したメンバーの前では子供のように無邪気にふるまったりもする。

パフォーマンスや不愛想に見える部分だけを意図的に切り取り、紅白の倒れたりした件ばかりがピックアップされてエキセントリックな印象操作をされているような気がして、運営の売り出し方に疑問符が消えなかった。

 

彼女には、きっと限界が来てしまったのだろう。

円満な卒業ではなく、脱退と言った本人の意志を感じる単語がそれを物語っているかの様だった。

 

YouTubeにアップした時は、まさかこんなにも早く彼女が脱退するとは夢にも思わなかった。

私が自分で歌うよりも、本当は彼女たちに歌ってほしかった。

一応、歌詞も載せたので平手友梨奈ちゃん&長濱ねるちゃんのWセンターを想像しながら読み進めてもらえると嬉しい。

 

 

 

 

百合の花園で寝る 作詞作曲サトウともみ 編曲まっピぐ

 

百合の花園で寝る
いけない恋と知ってても
許されない関係と、わかってても
禁断の愛は止められない
それが罪深き人間の性(さが)

真夜中に家を抜け出して・・・君を、あの場所へ連れ出したい
行く末は逃避行、ないしは・・・心中か?

むせかえるほどに咲き誇れる百合の花
まるで僕らみたいだね?薫る真実の情熱
息も出来ないほどに咲き乱れる百合の花
お別れを選べない僕らだから
いっそ百合の花園で寝る

みんなして僕らを笑う
侮蔑の眼差しで後ろ指さす
何も悪い事してないじゃないか
誰人も僕らを引き裂けは、しないのさ

枯れる事を知らないくらい輝く百合の花
君以外は誰にも、理解されなくていい
君と共に散りたい・・・純粋なる狂気の百合の花
永久に、この想いを胸に刻みつけよう・・・そして・・・。
百合の花園で・・・寝る・・・共に寝る・・・愛を胸に・・・永遠に・・・君と寝る・・・君と寝る・・・。

 

 

この曲は、裏設定で性同一性障がい同士の恋愛ってテーマがありました。

二人とも女の子の体だけど、心は男の子。

だから歌詞の内容は、ガールズラブでもありボーイズラブでもあるんです。

百合というのは、GLの隠語です。

歌のタイトルには、二人の名前も入れてみました。字は違うけど。

私の中では、にんぷねこと双璧をなす名曲だと自負しています。(ジャンルは真逆)

歌唱力が楽曲に追いついてなくて悲しいのだけど、少しでも伝わるものがあれば幸いです。

 

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ にほんブログ村

↑気に入ったらポチッと押してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です