たまに残酷な自分が顔を出す時がある。

昨日は満月の日特有である寝る前のハイテンション妄想が、そりゃ~もう酷かった!

ここに綴りたいのだけれど、もう神経を疑われてしまいそうな・・・苦笑。

私は犯罪の中でも性犯罪が一番、憎いんです。

だから、死ぬよりも辛いであろう拷問を色々と考えたんです。

でもね、これを正直に書いちゃうと折角のブログ読者さんたちが離れていってしまうのではないかな?と危惧してます。笑

近々、閲覧注意とタイトルに記して更新したいな。

個人的には、かなりイイ線いってる拷問だと思うんだけどね!ちなみに痛いのではなく精神的にやられる系です。倍返しどころか、一億倍くらい返してそうです。ウフフ♪

 

もうアブナイ人間だと思われてもいいんだけど、私は高校生の時に人を殺した小説を書いたことがあります。

シャモリンチってタイトルだったんだけど、これはいじめられっ子同士を戦わせて、その様子をいじめっ子たちが見て楽しむイジメらしいのね。

私、自分がいじめられっ子だったことも手伝って、このイジメの存在を知った時に、何て残酷なんだ!スッゲームカつく!!と怒りが爆発せずにはいられなくて、気づいたらシャモリンチ中に矛先がいじめっ子に向かって、いじめられっ子がいじめっ子を全員、刃物で斬殺する邪悪な物語を書きあげてしまいました・・・(笑)

 

でもね、この小説を書きあげた時、達成感とカタルシスが半端なかったんだ!!笑

かと言って実践したいなんて微塵も思わないし、あくまで仮想の世界、二次元の楽しみ方。

恐らくシャモリンチの犠牲者にならざるを得なかったイジメられっ子たちの無念を晴らしたかったんだと思う。勝手に必殺仕事人みたいになっちゃった感じ?フィクションだけどね。笑

 

あの多感な思春期だから書き上げられたのであって、今セルフリメイクで書けって言われても無理だ~・・・もう、あの頃の情熱は無いんだなぁ。

同じように、今回の拷問アイディアも小説で書けないなァ。

書きたい気もするんだけど、逆に私が精神ヤられそうでね。苦笑

 

学生時代は歌うことよりも、漫画や小説を書く方が好きだった。

オリジナルも書いてたし、二次創作なんかも。ちなみにエロ漫画や官能小説も書いてたよ。笑

自分の絵よりも模写する方が上手かったのです、何故か。パロディ向きなのかもね。

ここ数年は全く絵もマンガも描いてなかったけれども、愛娘ちゃんはスケッチしてみたいな。

いつか気に入った絵が描けた暁には、このブログにアップするかもしれません☆彡

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

↑気に入ったら、ポチッと押してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です