平和な日々が、愛しくて。

ここ最近、やっと育児も安定してきて平穏無事な生活が送れています。

風俗嬢時代は約15年間だったけど、本当に波乱万丈だったな~。(笑)

こんな幸せがあるなんて、思ってもみなかった。

だって一人で生きる覚悟も決めていたし、子供ほしいなんて一度も思ったこと無かったよ。

夫ちゃんに会うまではネ。

風俗で死ぬまで働いていくって決めた時もあったのに、意志薄弱ね私・・・でも人を好きになる、恋をするって、運命や人生をも変えちゃうのかなぁって。

変な奴に引っかかったら、とんでもない事になっちゃうけどさ。サイコパス女とかね。笑

 

今は夫ちゃんと愛娘ちゃんのいない生活なんて考えられないし、ささやかで幸せな日々を噛みしめながら毎日、楽しく笑顔で生きている。

 

今日は、こんなイイ笑顔が撮れましたん♪

スタンプの下、めっちゃイイ笑顔でした。笑

そうかと思えば、おもちや大福みたいな顔で怒ったりもする。

ちなみに今日は家族で床屋へ行って、坊主頭に出来て幸せなのサ☆彡

 

私が幸せになれたのは、「自分を愛すことができたから」だと思っている。

自分を粗末に扱ってる時代は、やっぱり老若男女問わず自分を粗末に扱ってくる人が寄ってきちゃうのよね。引き寄せの法則?笑

お客さんの質も悪かったなぁ・・・サイコパス女と絶縁したのを切っ掛けに、やっと自分を大切にしたよね。

 

自分のことを好きになるように、最後の源氏名「つーちゃん」は、完全なる私の上位互換を演じ続けた。

実際は、つーちゃんじゃなくて「つ〇〇」なんだけど、恥ずかしいので伏せさせて。笑

メンタル最強で、いつもニコニコ笑顔で高級店を目指す元気いっぱい頑張り屋の、つーちゃん。

伝説のS先生や、不動のナンバーワンKさんや、今までに出会ったイイ女さんたちの良いところを、マネできるところ全部!取り入れてみて無敵の「つーちゃん」が出来上がった。

これが真逆のタイプだったら演じ続けることに疲れたり、実際の自分とのギャップに苦しんだりしたんだろうけど、幸いなことに私は意外と、女優肌だったのかもしれません。(笑)

とにかく、こうなりたい自分を意識して働いていたら、予約で完売の満員御礼人気嬢ちゃんになれて、最後には最愛のお客様だった夫ちゃんと結婚出来て、子宝にも恵まれたんだよね。

 

自分のことを嫌い、好きになれない人たちって過去にトラウマがあったり、何かしら原因があると思うのね。

カウンセリングを受けたり、心療内科に行ってみるのも良いと思う。

私は根っこに母親に愛されたかった私、ってのがあったんだ。

だから母親に似ていたサイコパス女に簡単に洗脳されたし、離れることが難しかった。

だけど毒親とか色々と調べていくうちに、うちの母と兄は毒親では無いにしろ、微毒母・微毒兄であることがわかり、自分が搾取子であることもわかった。

微毒も受け続ければ、毒に侵されるんだ。解毒作業は、簡単じゃなかった。

 

「インナーチャイルドを癒す作業」として、傷ついた過去の自分を今の私がヨシヨシと慰めて抱きしめてあげた。

スピリチュアルな話になって、わかりづらいかもだけど私には大切な作業だった。

「お母さんに、かわいいよ、大好きだよ、あなたを愛してるよ、大切だよって、いっぱい言ってほしかった。もっと、いっぱい抱きしめてほしかった!!」

幼い私は、そう泣き叫ぶから、今の大人になった私が何度も強く抱きしめてあげる。

「よしよし、そうだよね?いっぱい大好きって言われて、いっぱい愛されたかったんだよね?抱きしめてほしかったんだよね?大丈夫、かわいいよ。大好きだよ、あいしてるよ、いっぱい抱きしめるよ?」

子供のころの傷が癒されていくのが、わかりました。

 

ちょっと若干、我流でやっているんで個人差あるかとは思われるんですが、本当の自分を知るために過去を掘り下げる作業は、やってみてもいいと思います。

ただ、トラウマの具合にもよるので思い出したくもない過去だったら無理して掘り下げず、封印したままでも良いと思います。

 

私は母と兄に愛されることを、諦めました。

それなりに愛は、あったのかもしれませんが毒交じりの愛なら、いりません。

そのかわり自分自身を愛して、夫と愛娘を愛して、友人たちを愛することにしました。

そうして、私は今の幸せを手に入れました。

 

今となっては、何故あんなにも母の愛が欲しかったのか不思議なんだよね。(笑)

遺伝子が、なせるワザなんだろうか?

さて、愛娘ちゃんのオムツかえたら家族みんなで眠りますよ~!☆彡

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ

にほんブログ村

↑よろしければポチッ☆と押して応援してくださると、とっても嬉しいデス!♪✙*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です